楽天 愛車一括査定

下取りと買取の違い

下取りとは

車を買い換える際に、車を購入する販売店で今乗っている車を売り、購入する車の代金の一部に充てることを下取りといいます。
以前から多くの人が利用している方法で、今でもとてもポピュラーな方法です。

 

下取り価格は各社が用意している下取り基本価格を元に、車のキズ、状態などを減額して価格を決定する方法が一般的です。
下取りのメリットは、車を購入する販売店で下取りの契約もできるので、手間がかからないという点です。
また、購入する車の納車と同時に引き渡すことができるので、代車の必要がないという事もメリットの一つです。

 

買取りとは

中古車の買取専門店などに、今乗っている車を売却して現金を得ることを買取りといいます。
新しい車に乗り換えるのであれば、その資金を次の車の購入資金に充てることができます。
10年程前までは車の買い替えの際は下取りに出すことが普通でしたが、最近では買取専門店に買取りしてもらうケースがかなり増えているようです。

 

買取り価格は中古車業者間のオークション相場を元にしており、追加装備やオプションなども評価の対象になります。
買取りのメリットは何と言っても、買取価格です。
ほとんどの場合、下取りよりも買取専門店のほうが高額な査定価格を提示されるようです。
その理由は、買取専門店は買取った車を売却するまでの流通経路が確立されているからです。
また、自宅まで無料で出張査定してくれたり、名義変更などの手続きも全て代行してくれるので、とても手間がかからず簡単に車を売却できるという点もメリットの一つです。